失敗しない!外壁を黒に塗り替える時のポイント・注意点

豊中市の外壁屋根塗装と防水工事なら住まいるヒーローズ > コラム > 失敗しない!外壁を黒に塗り替える時のポイント・注意点

家の印象をがらりと変えたいときに、外壁の色は重要なポイントです。 今回は黒い外壁の家にするメリットとデメリットの紹介と、黒い外壁の家をさらに良く見せるためのポイントについてお話します。 現在リフォームを検討している方や外壁の色選びに迷っている方のお役に立てれば幸いです。

家の印象をがらりと変える場合、外壁の色は重要なポイントです。

今回は黒い外壁の家にするメリットとデメリットを見ながら、黒い外壁の家をさらに良く見せるためのポイントについてお話します。

現在リフォームを検討している方や外壁の色選びに迷っている方のお役に立てれば幸いです。

黒い外壁の家のメリット

それでは、黒い外壁のメリットについて紹介していきます。

シンプルで飽きがこない

自由に個性のある色を選択するのもいいですが、何十年後も住むことを考えるとシンプルで飽きの来ない黒、ホワイト、クリーム色がおすすめです。

高級感や重厚感がある仕上がり

黒は洗練された高級感や重厚感のある色です。

外壁を黒くすると、一気に存在感が増し高級感が漂う雰囲気にすることができます。

個性的でおしゃれに見える

黒い外壁にすることで、個性的でおしゃれな印象を与えられます。

最近では黒の外壁を選ぶ人が以前より増えてきてはいますが、アイボリーやホワイトなど淡い色の外壁もまだまだ根強い人気があります。

そこであえて黒い外壁にすることで、外観へのこだわりや個性をアピールできます。

合わせる色を引き立たせる

黒は有彩色を最も引き立たせる色です。

黒い外壁を単体で使うだけでなく、他の色や素材と組み合わせることで色々な表現ができるのも外壁に黒を使う魅力の一つです。

他の色に黒を組み合わせることで、モダンで落ち着いた雰囲気をプラスしてくれます。

色の配置や配色によっても、さまざまな印象を演出できます。

黒い外壁の家のデメリット

次に、黒い外壁にした時のデメリットを紹介します。

外壁が熱くなりやすい

外壁に黒を使うと、外壁が熱くなりやすいというのが一番のデメリットです。

黒は熱を吸収しやすいため、夏場などの暑い季節には外壁の温度が熱くなってしまいます。

特に、小さいお子さんがいる場合はあまり外壁に触らせないように注意が必要です。

ちなみに、外壁が熱くなると部屋の中も熱くなると思われがちですが必ずしもそうとは言えません。

多くの家では、外壁通気工法と呼ばれる方法が採用されていて屋内と外壁の間に通気層があるので、外壁の熱が直接家の中に入ってくるということは少ないのです。

劣化しやすい

外壁を黒にした時のデメリットとして、白い外壁と比べて劣化がしやすいという点があります。

外壁を黒にすることで、紫外線の影響を受けやすくなることが原因で劣化しやすくなってしまいます。

このように黒は色褪せしやすい色と言えるので、綺麗な外観を保ちたい場合はメンテナンスの頻度は他の色の外壁よりも少し早めにする必要があると覚えておきましょう。

汚れが目立ちやすい

汚れが目立ちにくいという理由で、黒を選ぶ方もいると思います。

しかし、実は黒い外壁は白い外壁と同じくらい汚れが目立ちやすいです。

なぜなら、砂埃や鳥のフン、カビなど外壁に付く汚れは白っぽいものが多いからです。

特に近所に畑や海など自然が多い環境に家がある場合は、砂埃による汚れが気になるかもしれません。

よって、黒い外壁を選ぶ場合は、゛汚れに強い゛という特徴がある外壁素材を選ぶことをおすすめします。

周囲の景観を検討する必要がある

黒い外壁は個性的でおしゃれな分、目を引きますが、周りの景観を無視してしまうと悪目立ちしすることも考えられます。

そのため、周囲の環境を観察し、その景観になじむかどうか配慮して色を決めることが不可欠です。

あまり周辺を気にしすぎる必要もありませんが、周りから浮きそうと判断した場合は黒を部分使いして使用範囲を減らすなど妥協点を見つけ配慮した方がよいでしょう。

黒い外壁にする時のポイント

ここからは実際に塗装する際のポイントを確認していきます。

暑さ対策

暑さ対策に重要なのが断熱材選びです。

断熱効果の高い断熱材を選ぶことで、外壁の熱さが室内に伝わるのを防ぐことができます。

劣化防止

黒い外壁は他の色の外壁より劣化しやすいため、塗料を選ぶ際には黒の色合いだけでなく塗料の性能も考慮して選びましょう。

また、汚れが目立ちやすい色なので汚れが付きにくくするためにも防汚性能の高い塗料を選ぶのもポイントです。

業者選びは慎重に

外壁を黒に塗装する場合は、断熱対策・劣化対策・周辺の景観に考慮したデザインといった、黒の特性を考慮する必要があると説明しました。

施工業者の過去の施工例を確認し、地域密着型でお住まいの地域の特徴をよく知っている業者に依頼すると失敗が少ないでしょう。

まとめ

今回は家の外壁を黒にする時のポイントについて紹介しました。

黒い外壁というのは魅力的な部分も多いですが、考慮すべきポイントがあることも頭に入れておきながら素敵な家づくりの参考にしていただけたら幸いです。

外壁塗装をお考えの方は、住まいるヒーローズにお任せください。

ご相談やお問合せもお気軽にお待ちしております。