外壁洗浄は自分でやる?業者に依頼するべき?外壁洗浄の費用相場と方法

豊中市の外壁屋根塗装と防水工事なら住まいるヒーローズ > コラム > 外壁洗浄は自分でやる?業者に依頼するべき?外壁洗浄の費用相場と方法

外壁洗浄をすることは、綺麗な景観を保つだけでなく、建物の住宅寿命を延ばすことにもつながります。 定期的にメンテナンスを行い、長く綺麗な建物に住みましょう。 ここでは外壁洗浄を自分で行う場合と業者に依頼する場合それぞれのメリット・デメリットと費用相場について紹介します。

気づいた時にはマイホームの外壁が黒ずんでいたり汚れが気になっている方は多いのではないでしょうか。そこで自分で洗浄しようか業者に依頼するかも迷うポイントですよね。

外壁洗浄をすることは、綺麗な景観を保つだけでなく、建物の住宅寿命を延ばすことにもつながります。

定期的にメンテナンスを行い、長く綺麗な建物に住みましょう。

ここでは外壁洗浄を自分で行う場合と業者に依頼する場合それぞれのメリット・デメリットと費用相場について紹介します。

外壁の汚れを放置すると危険な理由

外壁の汚れは、建てたばかりの家や築浅の家でも、雨だれやカビ、藻による汚れによって、わずか数年でも外壁がくすんで見えてしまうことがあります。

単なる汚れと思って放っておくと、汚れや黒ずみがどんどん目立つようになり、いずれ簡単な掃除では取り切れないほどこびりついてしまう恐れがあります。

外壁洗浄を定期的に行うと得られる効果

外壁洗浄は汚れが酷くなる前に定期的に行うとさらに効果があります。

外壁洗浄を定期的に行うことで、常に外壁が綺麗な状態になることで、景観が保たれることもメリットです。

また、飛び石や激しい雨が降った後など、予測できない出来事によって、外壁にダメージが与えられる場合があります。

ダメージによって小さな傷や割れ目から湿気が入り、柱などが傷んでしまう可能性もあります。

外的にダメージを受けた後は、早めに傷を見つけ、対処するようにしましょう。

外壁の劣化の原因の一つとして、カビやコケが増えすぎ外壁の内部にまで根を張ってしまうことがあります。

放置せずに定期的に外壁洗浄を行うことによって、カビやコケが表面にできた段階で取り除くことができ、カビやコケの発生を予防する薬剤の処置もできます。

このような原因で、外壁の汚れが蓄積すると、遮熱や防水などの本来外壁素材に施された加工の持ち味が十分に発揮できない場合があります。

汚れによる劣化が進むと、加工した素材が剥がれ落ちてしまう可能性もあるので外壁洗浄は定期的に行うのが理想です。

外壁洗浄を行う方法

外壁洗浄を行う方法として、ブラシやスポンジなどの掃除用具を購入して自分で行う方法と、業者に依頼する方法があります。

それぞれメリット・デメリットがあるので詳しく見ていきましょう。

ブラシやスポンジ・高圧洗浄機を購入し自ら清掃する

外壁の汚れが一部分だけの場合や気になる部分だけ汚れを落としたいという場合は、ブラシやスポンジを使った手作業の掃除で汚れを落とすことが可能です。

ブラシやスポンジなど家庭にあるもので気軽にでき、費用面が抑えられますが、危険が伴う高い場所や足場がないと手が届かない部分の洗浄には不向きです。

業者に依頼して洗浄してもらう

外壁洗浄のプロの清掃業者に頼めば、自分で行うよりは費用はかかりますが、労力や時間を節約できますし、高い場所や手の届かない場所の汚れでも洗浄してもらうことができます。

壁の種類や汚れによって洗浄する際の力加減や、洗剤、器具を適切に選んで対応してくれるため、満足できる仕上がりになります。

自分で外壁洗浄を行うメリット・デメリット

小さい汚れなら、外壁洗浄を自分でしようと考えてる方も多いと思います。

自分で行う場合の最大のメリットとして、家にある道具や洗剤を使用することができるので費用が安く済む点にあります。

特別な掃除用具がなくても、ちょっとした汚れなら、ブラシやスポンジ、ホースなどを使えば汚れを取ることができるのでリーズナブルに行うことができます。

また、汚れが気になった際にいつでも作業できる点もメリットです。

排気口の周りや出窓の下部分などはすぐ汚れがついてしまうので、汚れがこびりつく前にこまめに掃除していれば比較的簡単に取れやすいです。

対してデメリットに挙げられることは、清掃できる範囲に限界がある点です。

足場を組むことが必要な場所や、高い場所の洗浄は素人が行うには安全性に不安になります。

家庭用の水圧洗浄機を使っても、水圧が十分でなく、高いところまで届かない場合もあります。

こびりついた汚れを洗浄する場合は、自分で作業するだけでは汚れ落ちが不十分です。

カビやコケなどの根っこが残ると、取り除いてすぐは綺麗に除去したように見えますが、短期間でまた生えてきてしまいます。

プロの作業と違って、汚れの根源から取り除くのは難しいのです。

また、慣れていない方が外壁洗浄をするには力加減や水圧の調節が難しく、外壁の素材によっても調節が必要なので、必要以上に力を入れてしまい外壁を痛めてしまうというリスクがあります。

必要以上に力を入れてこすってしまうと、外壁のコーティングまで取れてしまい防水性が低くなるなどのリスクが避けられません。

業者に外壁洗浄を依頼するメリット・デメリット

どのような作業でも、やはりプロと素人では出来上がりの違いがあります。

業者に依頼する場合のメリット・デメリットを知っておくことで、正しい業者を選ぶ参考になります。

業者に外壁洗浄を依頼する場合のメリットとして、壁や塗料に合った洗浄方法、洗剤を使って洗浄してもらえる点があります。

外壁の素材や塗料によって、適切な洗浄方法を選んで行ってもらえるので後からトラブルが少ないです。

自分では手の届かない範囲や高い場所も綺麗に洗浄してもらえます。

隙間や壁のくぼみ、窓枠と隣接してる部分などは素人では難しいですし、時間や労力もかかるので、業者に依頼してしまうというのも一つの手でしょう。

しかし、業者に洗浄してもらうとたしかに綺麗にやってもらえますが、プロ用の機械や特殊な溶剤を使い時間もかかるので、自分でやるよりはそれなりに費用が高くつきます。

足場を組む場合は、それだけでも作業日数がかかります。

また、外壁素材によって汚れと一緒に塗装が剥がれてしまう可能性のある外壁があり、その場合再塗装をしなくてはなりません。

外壁洗浄を業者に依頼する場合の費用相場

外壁の面積や足場の量、使用する塗料、洗剤の価格によって、料金は変動します。

※以下はすべて平方メートルあたりの単価です。

・高圧洗浄:約100~300円

高圧洗浄とは威力の強い洗浄機で、外壁を水洗いする洗浄方法です。

高圧洗浄は通常は外壁塗装の序盤に行われる工程です。

塗装前に外壁表面についた土やほこり、劣化した塗料を強力な水圧で除去することで、塗料がしっかり付着するようにします。

しかし、外壁表面の塗装や部材まで洗い落としてしまう可能性があるので、高圧洗浄をする前には点検や補修が発生することをあらかじめ頭に入れておきましょう。

高圧洗浄は、水圧のみで汚れを落とす方法のため、周囲の芝生や植木に水が飛散しても、薬剤による枯れの心配がありません。

ただし、薬剤を使わない分、殺菌の効果はないため、カビを完全に除去することはできません。

・バイオ高圧洗浄:約200~400円

バイオ高圧洗浄とは、高圧洗浄の後に、カビやコケを防ぐバイオ洗剤を外壁の表面に塗装する洗浄方法です。

洗剤が含まれるため、カビやコケが原因の汚れでお困りの外壁には高い効果があります。

芝生や植木、ガーデニングなどが近くにある場合は、洗剤が飛散すると枯れてしまう恐れがあるため、注意が必要です。

・外壁塗装による汚れ除去:約4~6千円
防カビ剤が含まれた塗料を使用して外壁塗装することで、汚れを徹底的に除去する方法もあります。

塗装前に高圧洗浄で大部分の汚れを落とし、除菌効果を持つ塗料で表面をコーティングすることによって、汚れを根本から除去することができます。

このときに、高価ではありますが『光触媒塗料』を使用すれば、表面に付着した汚れを触媒効果で分解し、再び汚れが蓄積しにくくなる自浄作用効果を備えた外壁を手に入れることができます。

足場設置と養生を行う場合は、以下の費用が発生します。

足場設置費用:約600~800円

養生費用:約300~500円

まとめ

見た目だけでなく、外壁の機能を維持し住宅の寿命を延ばしてくれる重要な役割を担う外壁洗浄。

外壁洗浄を検討している方は、参考にしていただければと思います。

10年以上外壁塗装を行っている『外壁のプロ』住まいるヒーローズが、外壁洗浄を始めました。

外壁塗装の経験で培った外壁の知識を存分に駆使し、あなたの大切なマイホームの外壁を守ります。

外壁洗浄をお考えの方は、住まいるヒーローズにお任せください。

ご相談やお問合せもお気軽にお待ちしております。