red-img

外壁塗装における養生の役割と必要性&相場を解説

養生は一般的には「病気を治すように」という意味で使われますよね。 しかし、建設業界では別の意味で使われます。 「養生テープ」という言葉はお聞きになった事がある方も多いのではないでしょうか? ここでは、工事で使われる養生(破損や汚れを防止するために保護すること)について詳しく説明していきたいと思います。

養生は一般的には「病気を治すように」という意味で使われますよね。
しかし、建設業界では別の意味で使われます。
「養生テープ」という言葉はお聞きになった事がある方も多いのではないでしょうか?
ここでは、工事で使われる養生(破損や汚れを防止するために保護すること)について詳しく説明していきたいと思います。

外壁塗装で養生が必要な理由とは?

①汚したくない部分を守るため

塗装中に塗料が、汚したくない部分で思わぬ所へ飛散する事が考えられます。
どんな所か例を挙げてみると、窓ガラス・表札・室外機・車・郵便受け・近隣の住宅、といった部分です。
どこも飛散してしまうと、汚れとして残ってしまうのが困る所ですね。
それぞれの場所に合わせた養生方法で、お客様も職人も安心して塗装工事をトラブルなく進めるために養生が必要になります。

②完成時に美しく仕上げるため

窓の境目や色分けの境目といった細やかな作業を要する場所で、塗装漏れや境目のぐちゃぐちゃな仕上がりにならない様にするために養生を行います。
塗料をテープの上まで塗りたくっても、テープをはがせば一直線の綺麗な境目が登場しますよね。
真っ直ぐな綺麗さがあれば、仕上がりも美しく見えます。
決して安い買い物ではない塗装を、満足のいく綺麗な仕上がりにするために養生が必要になります。

外壁塗装における養生とは?

種類

飛散防止ネット

建物全体を覆う足場に、紐でくくって取り付けるメッシュシートです。
通気性を保ちながら高圧洗浄の水や塗料の飛散を防ぎます。
近隣トラブルも防ぐためには必要不可欠です。

カーカバー

車やバイクを丸ごと養生するのに使うカバーです。
ビニールタイプのものや、不織布タイプのものもあります。
ビニールの場合、塗料の付着を完全に防ぐ事が出来るメリットの反面、風で揺れて車に細かい傷が付く可能性があるのがデメリットです。
不織布タイプは、塗料の付着を完全には防げないものの、傷が付かないメリットがあります。

ブルーシート

職人の靴に付いた塗料が床に付かない様に敷くという使い方の他に、足場の飛散防止ネットだけでは、塗料やホコリによる汚損が防げない場合も補強として使います。

室外機専用シート

通気性の良い繊維状のカバーで、吊り下げパターンと据え置きパターンで2種類存在します。
養生作業での時間短縮にもなり、工事の効率が高まります。

養生用ポリシート

ハサミやカッターで養生したい部分に合わせて切って使用します。
普通のビニールと違う点として、塗料の付着後に乾燥しても、落下しにくい事が挙げられます。
ポリエチレンで作られており、厚みも幅広く展開しています。

マスキングテープ

粘着力の弱い養生用ポリシートを貼り付ける際に使うテープです。
薄くて、綺麗な直線を作れるので、仕上がりが美しくなります。
粘着力が弱いのは、剥がす時に跡形が残って汚れとなってしまわない様にしなければならないからです。
少し特殊な不織布と特殊フィルムで作られたマスキングテープもあります。

テーププライマー

マスキングテープは先述の通り、粘着力が弱く貼り付ける所によっては上手く貼り付かないことがあります。
凸凹のある部分やアスファルトで少量スプレーすると綺麗に貼り付ける事が出来ます。
時間が経てば、剝がす時も綺麗に剥がせます。

養生布テープ

強い粘着力で耐水性に優れており、曲面、粗面に単独で使用出来ます。

養生の平均相場

塗装業者によって費用の計算方法は異なりますが、40坪くらいの住宅では3万円~5万円が養生にかかる相場になります。
その計算方法でメジャーなのは、養生する箇所の平米数から計算する方法です。
養生代の平均費用は  300~500円/㎡  なので、【 平米数×300~500円 】で求められます。

注意点は、車や植物、室外機も養生をお願いするとなれば、使用する素材によって別途料金がかかる業者もあるようですので、契約の段階で確認しておきましょう。

養生中は生活も大変なのか

結論から申し上げますと、大変です。
しかし、その大変さを出来るだけ緩和出来る様に我々塗装会社は様々な配慮を出来る限り行います。
具体的にどう大変なのか、説明して参ります。

①自家用車

塗装をする際は建物を囲う様に足場を組みますが、家の外周+8m で組みますので、駐車スペースが使えなくなるかもしれません。
また、近くに駐車する場合は、塗装中に塗料が付着しないようにカーカバーを利用して頂きます。

②植物

家全体をシートで覆う為、太陽の光が当たらなくなります。
それによって、植物は光合成が出来なくなってしまい、枯れてしまう可能性もあります。
移動出来るプランターや植木鉢は移動しておくと良いですよ。

③窓が開けられない

窓のサッシは塗料をつけてはいけないので、養生が施されます。
それにより、窓が開けられなくなります。塗装時期を夏に検討中の方は、特にこの点に注意が必要です。
もし、耐えられなさそうに感じたら、塗装業者に一度窓についてご相談される事をオススメします。

④室外機や給湯器

養生したままエアコンを使ったり、エアコンを使用する事を想定せずに養生したりすると、上手く排気できずに機械が壊れてしまう事もあります。
また、上手排気出来ない事で、一酸化炭素中毒になる危険性があります。
通気性の良い室外機専用カバーを使用する手段や、事前に使用できない日時を打ち合わせしておく事が重要になってきます。

もし養生がなかったら

飛散リスク

例えば、よくあるのが「車に塗料が付着してしまった」というケースです。
このパターンは養生をしっかりと施していても、風の影響で起こり得る為、養生が無い場合はより一層被害に遭う可能性は高まります。

車に付いてしまった塗料を綺麗に落とし、元の状態に戻すには約40万円~50万円の費用がかかる様です。
また、お隣のお家から、塗料が飛び散って来たと告げられる可能性も高まります。

ご近所トラブルになってしまうので、養生は必要不可欠です。
万が一、塗料の飛び散りがあった場合は、工事を依頼している業者へ連絡しましょう。
多くの優良な塗装業者であれば、今回実際に使用した塗料と指摘された飛び散りの塗料が同一の物なのか、確認に来てくれます。

完成時のリスク

塗装時のデザインによっては2色使いもあります。

せっかく高い費用を支払って、塗装を決めるのですから、その色と色の境目が綺麗な1本線でスーッと仕上がった美しいお家にしたいですよね。

また、窓のサッシも境目まで綺麗に塗られている方が美しい出来栄えになります。
窓のサッシの所は換気したいから、養生は控えて欲しいと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、サッシに塗料は付着するは、境目はきちんと塗れていない所はあるは…となれば、塗装の本来の綺麗な仕上がりを阻止してしまいます。

最後に

養生がいかに必要不可欠な手順かをご理解頂けましたでしょうか?

相場やどんな所に養生を施すのかまで詳細にまとめてみました。

この記事をご覧になった方々で塗装を検討中の方は、ここの養生はしなくて良いのか?と疑問に思った際は、躊躇わずしっかりと尋ねた方が後々のトラブルを回避する事になりますので、納得出来てから契約するようにしましょう。

 

弊社では、疑問は全て解決し、ご納得頂いてからのご契約とさせて頂いております。

他社様からのお見積もりではこの様な指摘があった、というお話でも、お客様が気になる事やご不安な点は喜んでご質問にお答えしております。

LINE友だち登録
LINE友だち登録

お問い合わせ・無料見積もりはこちらまで

お問い合わせ
無料見積もりはこちらまで

お電話でホームページを
見たとお問い合わせください

form-women
mail

メールでの相談はこちら

LINE 無料メール相談 0120ー25ー1030