尼崎市の施工例・お客様の声

株式会社エースは伊丹市で10年以上、外壁塗装や雨漏りの補修工事を行っております。国家資格である一級塗装技能士で審査委員をやっているプロ中のプロが在籍している塗装専門店です。直接施工で仲介マージンがなく低価格で一級の品質の外壁塗装をお客様にお届けします。

尾崎市尾浜町I様邸 外壁屋根塗装防水リフォーム
尾崎市尾浜町I様邸 外壁屋根塗装防水リフォーム
2021年05月21日
尾崎市武庫の里S様邸 外壁屋根塗装防水リフォーム
尾崎市武庫の里S様邸 外壁屋根塗装防水リフォーム
2021年05月17日
尼崎市潮江M様邸 外壁屋根塗装防水リフォーム
尼崎市潮江M様邸 外壁屋根塗装防水リフォーム
2021年04月30日
尼崎市浜O様邸屋根塗装防水リフォーム
尼崎市浜O様邸屋根塗装防水リフォーム
2021年03月03日
尼崎市尾浜町I様邸外壁屋根塗装防水リフォーム
尼崎市尾浜町I様邸外壁屋根塗装防水リフォーム
2021年03月01日
尼崎市武庫の里S様邸外壁屋根塗装防水リフォーム
尼崎市武庫の里S様邸外壁屋根塗装防水リフォーム
2021年02月24日
尼崎市南塚口ハイツ外壁塗装防水リフォーム
尼崎市南塚口ハイツ外壁塗装防水リフォーム
2021年02月24日
尼崎市猪名寺B様邸外壁屋根塗装リフォーム
尼崎市猪名寺B様邸外壁屋根塗装リフォーム
2021年01月08日
尼崎市武庫元町T様邸外壁塗装防水リフォーム
尼崎市武庫元町T様邸外壁塗装防水リフォーム
2020年12月18日
尼崎市H様邸外壁屋根塗装・屋上防水リフォーム
尼崎市H様邸外壁屋根塗装・屋上防水リフォーム
2020年12月10日
尼崎市武庫元町K様邸外壁塗装防水リフォーム
尼崎市武庫元町K様邸外壁塗装防水リフォーム
2020年12月02日
尼崎市南塚口町I様邸外壁屋根塗装防水リフォーム
尼崎市南塚口町I様邸外壁屋根塗装防水リフォーム
2020年11月06日
尼崎市南塚口F様邸外壁屋根塗装防水リフォーム
尼崎市南塚口F様邸外壁屋根塗装防水リフォーム
2020年11月06日
尼崎市武庫町H様邸外壁塗装防水リフォーム
尼崎市武庫町H様邸外壁塗装防水リフォーム
2020年11月02日
尼崎市東園田M雨漏り修繕リフォーム
尼崎市東園田M雨漏り修繕リフォーム
2020年10月30日
尼崎市潮江M様邸外壁屋根防水リフォーム
尼崎市潮江M様邸外壁屋根防水リフォーム
2020年10月20日
尼崎市武庫町F様邸外壁屋根塗装防水リフォーム
尼崎市武庫町F様邸外壁屋根塗装防水リフォーム
2020年09月04日
尼崎市築地S様邸外壁屋根塗装防水リフォーム
尼崎市築地S様邸外壁屋根塗装防水リフォーム
2020年06月12日
尼崎市K様邸外壁塗装防水リフォーム
尼崎市K様邸外壁塗装防水リフォーム
2020年04月13日
尼崎市宮内町 W様邸屋根塗装防水リフォーム
尼崎市宮内町 W様邸屋根塗装防水リフォーム
2020年01月20日
尼崎市建家町 I様邸外壁塗装防水リフォーム
尼崎市建家町 I様邸外壁塗装防水リフォーム
2020年01月20日
尼崎市K様邸外壁屋根塗装防水リフォーム
尼崎市K様邸外壁屋根塗装防水リフォーム
2020年01月06日
尼崎市西長洲町 K様邸外壁屋根塗装防水リフォーム
尼崎市西長洲町 K様邸外壁屋根塗装防水リフォーム
2019年12月16日
尼崎市F様邸屋根塗装外壁一部補修リフォーム
尼崎市F様邸屋根塗装外壁一部補修リフォーム
2019年11月20日

尼崎市の概要

住む地域を決める上で事前に検討している地域について詳しく知識を持っておくことはとても重要です。

尼崎市の人口・世帯数・歴史など市場調査データを紹介します。

こちらのデータを参考にすれば、尼崎市がどんな地域なのか知ることができます。

人口と世帯数

尼崎市の人口と世帯数は以下となっています。

住民基本台帳による登録者数

世帯数 238,433世帯
人口(総数) 461,988人
人口(男性) 224,538人
人口(女性) 237,450人

町の歴史

あまがさき(尼崎)という地名は、平安時代の末から鎌倉時代初めころに初めて歴史上に登場します。

この頃書かれた「大物(だいもつ)浜・長洲(ながす)浜請文」(真福寺文書)という史料には、「尼崎浜は大物の南、河を隔て、久安以後の新出地なり」と記されていて、尼崎が久安年間頃に新たに形成された土地の名前であることがわかります。

現在の阪神尼崎駅から大物駅にかけての南側あたりが、もともとの尼崎という地名の場所にあたります。

鎌倉・室町期の記録には「海士崎」「海人崎」「海崎」とも書かれており、いずれも読みは「あまがさき」と考えられます。

「あま」という言葉は、古代・中世では漁民・海民という意味を持っていました。

近世には、尼崎は崎城の城下町として発展しました。

近代に入ると、日本有数の工業都市として栄えました。

旧城下町を中心とした行政区域としての尼崎町が成立し、何度か周囲の村を合併して、現在の尼崎市となりました。

特徴

尼崎市は兵庫県南東部に位置する人口45万人の中核市です。

大坂平野の西部の一部を構成しています。

近代以降、日本特有の工業都市として発展し、近年は市内北部を中心に住宅地が広がりベッドタウン化が進んでいます。

尼崎市の産業は、主に第二次産業が大きな比重を占め、臨海部では鉄鋼業や化学工業、内陸部では一般機械や精密機械などの製造業が盛んです。

市内には、阪急電車・JR東海道線・阪神電車が東西に走っており、大阪や神戸、京都や奈良へも乗り換えなしで移動できます。

宝塚市や伊丹市に繋がる南北の縦断ルートとしては各市市営バスや各私鉄バスが運行しています。

関西3空港へも1時間以内で移動できる交通の利便性がとても良い町です。
また、山がなく、坂道も少ないため、徒歩や自転車での移動も難なくできます。

尼崎市は工場の町として知られていますが、こうした工業地域は主に南部に集中しており、市の中南部には商業施設が多く、中部から北部にかけては住宅地が広がっています。

平成28年には、市制施行100周年を迎え、近年人口は増加傾向にあります。

商業施設や病院、公共施設等といった生活に必要な施設が身近にあり、安心して暮らすことができます。

工業地域として有名だった尼崎が暮らしやすい住宅地として変貌を遂げ、今後の発展性や優れた交通利便性が高く評価され、平成30年には「本当に住みやすい街大賞2018in関西」でJR尼崎駅周辺が第1位に選ばれました。

以前は尼崎の工業地帯へて各方面から集まった工業労働者も多く、尼崎出身の芸能人がメディアを通して「尼崎は治安が悪い」と話したことから、治安が悪いイメージがありましたが、現在ではそのイメージを払拭しています。

尼崎市では、さらに住みやすい地域を目指し、尼崎市ではひったくりや自転車盗難などの街頭犯罪や、特殊詐欺への対策に力を入れています。

市内の刑法犯認知件数は、現在減少傾向にあります。

尼崎市の外壁塗装

外壁塗装や屋根塗装は、その日の気温や湿度に大きく左右されます。

気温や湿度によっては、外壁塗装を行うことができない日もあります。

気温が5℃以下あるいは35℃以上、湿度が85%以上、強風の場合は外壁塗装を行うことができません。

尼崎市は温暖な気候ですが、梅雨と台風の時期は雨が多く降ります。

8月は1年で最も気温が高い月ですが、30℃を超えることも少ないため、施工可能ですが、湿度が85%を超える日はありますので、この時期は余裕を持って計画を立てたほうが良いでしょう。

よって、尼崎市で外壁塗装を行う場合は、梅雨と台風の時期を避ければ、施工可能と言えます。

尼崎市の外壁塗装で使える助成金

2021年7月現在、兵庫県尼崎市では外壁塗装に関する助成金の支給はありません。

最新の情報に関しては下記問い合わせ先でご確認ください。

尼崎市役所
兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号
電話:06-6375-5639
ファクス:06-6375-5625

また、助成金以外にも外壁塗装には火災保険を使うことができる場合があります。

全ての建物で火災保険が適用されるわけではありませんが、適用されると最大で半額の保険金がおりることもあるので有効に使うことをお勧めします。