箕面市の施工例・お客様の声

株式会社エースは箕面で10年以上、外壁塗装や雨漏りの補修工事を行っております。国家資格である一級塗装技能士で審査委員をやっているプロ中のプロが在籍している塗装専門店です。直接施工で仲介マージンがなく低価格で一級の品質の外壁塗装をお客様にお届けします。

箕面市箕面 K様邸 外壁屋根塗装防水リフォーム
箕面市箕面 K様邸 外壁屋根塗装防水リフォーム
2021年07月20日
箕面市牧落H様邸外壁屋根塗装防水リフォーム
箕面市牧落H様邸外壁屋根塗装防水リフォーム
2021年03月03日
箕面市桜ヶ丘Y様邸外壁屋根塗装防水リフォーム
箕面市桜ヶ丘Y様邸外壁屋根塗装防水リフォーム
2021年02月24日
箕面市箕面T様邸外壁屋根塗装防水リフォーム
箕面市箕面T様邸外壁屋根塗装防水リフォーム
2021年01月07日
箕面市栗生新家H様ハイツ屋根外壁防水塗装工事
箕面市栗生新家H様ハイツ屋根外壁防水塗装工事
2020年12月24日
箕面市F様邸外壁塗装防水リフォーム
箕面市F様邸外壁塗装防水リフォーム
2020年09月02日
箕面市桜S様邸外壁屋根塗装防水リフォーム
箕面市桜S様邸外壁屋根塗装防水リフォーム
2020年05月19日
箕面市K様邸屋根その他塗装防水リフォーム
箕面市K様邸屋根その他塗装防水リフォーム
2019年12月16日
箕面市H様邸外壁塗装防水リフォーム
箕面市H様邸外壁塗装防水リフォーム
2019年08月21日
箕面市船場西M様邸外壁塗装防水リフォーム
箕面市船場西M様邸外壁塗装防水リフォーム
2019年07月17日
箕面市船場西A様邸外壁塗装防水リフォーム
箕面市船場西A様邸外壁塗装防水リフォーム
2019年07月17日
箕面市坊島T様邸外壁塗装防水リフォーム
箕面市坊島T様邸外壁塗装防水リフォーム
2019年06月18日
箕面市I様邸外壁塗装防水リフォーム
箕面市I様邸外壁塗装防水リフォーム
2019年05月20日
箕面市M様邸屋根塗装防水リフォーム
箕面市M様邸屋根塗装防水リフォーム
2019年03月20日
箕面市半町S様邸屋根付帯部塗装防水リフォーム
箕面市半町S様邸屋根付帯部塗装防水リフォーム
2018年12月20日
箕面市栗生間谷西S様邸屋根修繕外壁塗装リフォーム
箕面市栗生間谷西S様邸屋根修繕外壁塗装リフォーム
2018年12月11日
箕面市Y様邸外壁外構壁塗装防水リフォーム
箕面市Y様邸外壁外構壁塗装防水リフォーム
2018年11月28日
箕面市外院K様邸外壁防水リフォーム
箕面市外院K様邸外壁防水リフォーム
2018年10月15日
箕面市西宿M様邸屋根外壁塗装防水リフォーム
箕面市西宿M様邸屋根外壁塗装防水リフォーム
2018年10月05日
箕面市半町K様邸外壁屋根防水塗装リフォーム
箕面市半町K様邸外壁屋根防水塗装リフォーム
2018年09月13日
箕面市船場西M様邸外壁防水屋根修繕リフォーム
箕面市船場西M様邸外壁防水屋根修繕リフォーム
2018年08月30日
箕面市桜K様邸屋根外壁塗装リフォーム
箕面市桜K様邸屋根外壁塗装リフォーム
2018年08月20日
箕面市粟生外院N様邸屋根外壁防水塗装リフォーム
箕面市粟生外院N様邸屋根外壁防水塗装リフォーム
2018年06月26日
箕面市萱野S様邸外壁防水リフォーム
箕面市萱野S様邸外壁防水リフォーム
2018年06月26日

箕面市の概要

住む地域を決める上で事前に検討している地域について詳しく知識を持っておくことはとても重要です。

箕面市の人口・世帯数・歴史など市場調査データを紹介します。

こちらのデータを参考にすれば、箕面市がどんな地域なのか知ることができます。

人口と世帯数

箕面市の人口と世帯数は以下となっています。

住民基本台帳による登録者数(日本人)

世帯数 60,284世帯
人口(総数) 135,994人
人口(男性) 64,911人
人口(女性) 71,083人

住民基本台帳による登録者数(外国人)

世帯数 2,299世帯
人口(総数) 2,798人
人口(男性) 1,328人
人口(女性) 1,470人

住民基本台帳による登録者数(合計)

世帯数 62,108世帯
人口(総数) 138,792人
人口(男性) 66,239人
人口(女性) 72,553人

町の歴史

”箕面”の地名の由来は、箕面大滝の特徴に由来します。

「天下の名瀑」として知られる箕面大滝は、日本の滝百選にも選ばれています。

大滝の落差は33mもあり、岸壁から水が一気に流れ落ちる様子は圧巻です。

箕面大滝の流れ落ちる姿が、農具の「箕」の面に似ていることから「箕面大滝」と呼ばれるようになり、地名もこれに由来していると言われています。

箕面市域では紀元前後から3世紀前後に米作りが始められ、人々が集落を作り定住していたと考えられています。

奈良時代以降、市内南部を山陽道が通るようになると交通の要所として発展し、鎌倉時代になると宿場町としても栄えました。

江戸時代に入ると酒造米の生産を中心に農業が発展し、山に近い村では果樹生産と製炭が盛んに行われました。

明治時代初期に、一時兵庫県に属した後、明治4年11月に大阪府の管下になり、明治31年に箕面山が大阪府立箕面公園となりました。

明治43年の阪急電車開通にともない各地に住宅街が広がり、年々人口も増加しました。

昭和23年に町制を施行し『箕面町』となり、そのあと昭和31年に市制を施工し大阪府下24番目の市『箕面市』が誕生しました。

以降40年間で人口は12万5千人まで増加し、平成18年に市制施行50周年を迎えました。

明治の森国定公園を有する箕面市は、「緑・住みやすさ最先端」を目指す自然に恵まれたベッドタウンとして発展を続けています。

特徴

箕面市は、箕面大滝をはじめ紅葉の名所として広く知られています。

自然環境に恵まれているだけでなく、箕面新都心として開発整備された「かやの中央」には大型商業施設や市民活動センターなどがあり、多くの市民で毎日賑わっています。

大学や短大のキャンパスもあることから、学生をはじめ幅広い層に魅力的なエリアです。

電車は阪急電鉄箕面線箕面駅を中心としていて、隣接する豊中市に北大阪急行の千里中央駅、吹田市に阪急電鉄千里駅、箕面市内には阪急バスの乗入れもあり、交通アクセスのよい立地です。

市内には、阪急の運営する路線バスが整備されており、さらにコミュニティバスが市内5ルートで運行しているので、一度の乗り換えで市内のどこへでも行くことができます。

近年は「子育てしやすさ日本一」を掲げて様々な政策を打ち出し、若い世代の箕面市への移住を推進しています。

自然豊かで公園や図書館、保育所もあり子育てには最高の環境といえるでしょう。

週末は友達一家とバーベキューを楽しんだり、家族で箕面大滝まで散歩したりできるの
もいいですね。

箕面市の外壁塗装相場

外壁塗装の費用相場については、外壁塗料の種類や面積などによって異なるので一概にはお伝え出来ませんが、見積の判断と業者選びのポイントについてお話します。

箕面市には地域密着型の外壁塗装業者と大企業と呼ばれる外壁塗装業者が点在しています。

しかし、大企業でも地域に根付いた外壁塗装を行っており、一概に地域密着型じゃないからだめなどと見極めるのは難しいと言えるでしょう。

箕面市の住宅はほぼ南部に集中していますが、中には公園やダムがある中部や北部で生活してる方もいらっしゃいます。

南部と中部、北部では若干の気温差があり、特に山や川に囲まれている中部や北部での外壁塗装はその特徴を知り尽くした地元の塗装業者にお願いするのがおすすめです。

見積の判断に関しましては、2点注意するポイントがあります。

  • 使用する塗料と耐用年数をチェックすること
  • 作業費、足場費用も比較すること

外壁塗装の費用は塗料の価格が大きく影響します。

基本的には、耐用年数が長い塗料は値段も高い傾向にあります。

事前に使用する塗料の種類と価格をチェックしておいたほうがよいでしょう。

そして、塗装をする際には、塗料の費用の他にも洗浄、塗装などの作業費、足場の費用があります。

これも外壁塗装業者を比較して高すぎたり安すぎたりしないかを確認しておく必要があります。

安すぎる外壁塗装業者は、少ない日数で終わらせようと雑な作業をしたり、丁寧な作業をしてくれない可能性があります。

ちゃんとした工事をしようとすればそれなりのコストはかかります。

適正価格の範囲で良心的な料金の外壁塗装業者を選ぶのがおすすめです。

箕面市の外壁塗装で使える助成金・補助金

2021年5月現在、箕面市では外壁塗装に関する助成金の支給はありません。

最新の情報に関しては箕面市のHPでご確認ください。
https://www.city.minoh.lg.jp/konnatoki/josei.html