雨漏りが再発する原因とは?悪徳業者で修理するとこんなトラブルが起こる

豊中市の外壁屋根塗装と防水工事なら住まいるヒーローズ > コラム > 雨漏りが再発する原因とは?悪徳業者で修理するとこんなトラブルが起こる

雨漏りは、プロでも修繕が難しい工事と言われています。

まず、原因となる部分を特定するのも一苦労で、確かな技術を持つ業者でないと見当違いの修繕をしてしまうこともあります。
そのため、雨漏りを確実に直すためには、業者選びが非常に重要といえるでしょう。

業者選びに失敗すると、雨漏りが直らないばかりか、二次災害を引き起こされるおそれもあります。
ところが、修理は屋根の上で行なわれていることなので、被害に遭っても気がつかないことも考えられます。
そんなことにならないよう、ここでは雨漏りが直らない原因や業者が引き起こすトラブルについて紹介していきたいと思います。

目次

雨漏り修理で業者選びが重要なワケ

雨漏り工事の難易度が高い理由は、原因の特定が非常に難しいからです。
原因がわからなければ、適切な工事ができるはずもありません。
その結果、雨漏りがいつまで経っても直らないという事態に陥ってしまいます。

ところが、雨漏り修理業者の中には、ろくに原因調査もせずに工事に入ろうとするところもあります。
ちょっと見ただけで分かるひび割れなどが原因を決め付け、ひびを埋めるだけで修理完了としてしまうのです。
確かに工数がかかっていないので値段は安いかもしれませんが、雨漏りが直らなければ無駄なお金と払っただけになってしまいます。

さらに、雨漏りの修理を依頼する業者を見誤ると、様々なトラブルに発展する可能性もあります。
不要なトラブルに巻き込まれることなく確実に雨漏りを直すには、業者選びに全てがかかっていると言っても過言ではありません。

業者選びに失敗するとどうなる?

業者選びに失敗すると、雨漏りに長期間悩まされることになるでしょう。
それだけでも苦痛ですが、さらにトラブルを起こされることもあるので、業者選びは慎重にならなくてはなりません。

業者選びに失敗すると、以下のような不利益を被るおそれがあります。

雨漏りが再発する

雨漏りの原因を特定するには、徹底した調査と確かな知識が不可欠です。
特に調査は重要で、調査もしないで雨漏りの原因箇所を特定することはできません。

技術力のない業者では、雨漏りの原因を完全に特定することすら難しいでしょう。
また、そもそも原因特定をおろそかにしている悪徳な業者も少なくありません。
このような業者に修理を依頼しても、見当違いな修理をされるだけです。

無駄な費用がかかる

雨漏りの修理には、結構な費用がかかります。
せっかく高いお金を出して修理を依頼しても、雨漏りが再発してしまえば全ては無駄になりますよね。

また、業者によっては必要のない高額な工事を契約させられる場合もあります。
たとえば、屋根材をちょっと交換すれば修理できるにもかかわらず、屋根全体の葺き替えをされてしまうといったケースです。
それで雨漏りは収まるかもしれませんが、数十万で済んでいた工事費用が数百万円に跳ね上がってしまうので、絶対に避けなくてはなりません。

無駄なコストを雨漏り修理にかけないためにも、初めに優良業者を選ぶことは非常に重要なことなのです。

二次災害が引き起こされる

雨漏りの修理に失敗すると、二次災害に発展するおそれがあります。

最も多い二次災害が、シロアリによる被害です。
雨漏りが解決していない状態で屋根裏などを放置すると、そこにある木材が湿った状態を保つようになります。
湿った木材はシロアリの格好の餌となるので、シロアリ被害に合う可能性が一気に高まってしまうのです。

また、シロアリが侵入しなくても、湿った木材はいずれ腐食し建物がダメになってしまいます。
建物が倒壊する危険が出れば、そこに住みつづけることが困難になるので、確実に雨漏りは止めなくてはなりません。

雨漏りが再発する原因とは?

写真:雨漏り

雨漏りを修理する上で、最も多いトラブルが再発です。
修繕作業後も雨漏りが収まっていないというケースが非常に多く、トラブルに発展してしまいます。

雨漏りが再発する原因は、人のミスによるところが非常に大きいです。
だからこそ、信頼できる優良業者に修理を依頼することが何よりも重要なことになります。
雨漏りが再発する原因としては、以下のようなことが考えられるでしょう。

根本的な原因が特定できていない

雨漏りは、原因の特定が非常に難しい不具合と言えます。
建物の内部は複雑な構造になっているので、雨漏りしている部分が直接の原因となっているとは限らないのです。
また、屋根だけでなく外壁やベランダが原因となることも多いため、総合的な判断力が求められます。

ところが、根本的な原因を特定することなく修理に入る業者も少なくありません
このような業者は、自社で施工できる工事を契約したいだけなので、調査無しに自社の得意な工事を進めてきます。

ただ、根本的な原因を解決していなければ、いずれ雨漏りが再発することは目に見えています。
たとえば、雨漏りの原因によっては、屋根を葺き替えなければどうしようもないケースもあるでしょう。
そのような状況であるにもかかわらず、塗装だけ塗り替えても何の意味もないのです。

調査も無しに特定の工事を進めてくる業者では、雨漏りが再発する危険性が非常に高くなります。

修繕作業により別の問題を引き起こす

雨漏りを修理する場合、大抵の場合は屋根に登ることになります。
そこで問題が生じてしまえば、後から自分で気がつくことは困難と言えるでしょう。

屋根材が劣化していれば、踏んだ拍子に割れることも考えられます。
そのことに気がつかず放置してしまえば、そこから新たな雨漏りが発生することも考えられるのです。

また、必要な隙間を埋めてしまい、雨水の逃げ道がなくなるケースもあります。
雨水の逃げ道を塞いでしまっては、どんどん屋根裏に水が溜まることになってしまいます。
これでは、雨漏りが悪化することは避けることができません。

信頼できる修理業者を見極めるポイント

写真:雨漏り

ご紹介したように、修繕作業が新たな雨漏りの原因となることも少なくありません。

このような問題を起こされないためにも、信頼のできる業者選びが重要となります。
技術力のない業者では、一時的に雨漏りをとめることはできても、すぐに再発する事態になる可能性が高くなってしまうのです。

雨漏りを確実に修理するためには、確かな技術を持つ優良業者に依頼することが不可欠となります。
とは言え、どの業者の技術力が高いかは見た目では判断できないですよね。
そこで以下の業者を選定する際は、以下のポイントを意識して検討してみてください。

色々と質問してみる

雨漏りを確実に直すためには、確かな専門知識が不可欠です。
専門知識を持った業者か判断するためには、色々と質問してみることが最も手っ取り早いでしょう。

確かな知識がない業者は、質問に対して咄嗟に答えることができません。
曖昧な回答しかできなかったり、回答を後回しにしたりする業者は、少し疑っておいて損はないでしょう。

また、雨漏り診断士の資格を持っているかどうかも、技術力を確かめる判断基準として使うことができるでしょう。
インターネットで業者を探す際は、一つの基準にすると分かりやすいと思います。

価格だけで判断しない

雨漏りの修理にかかる費用は、原因によって大きく異なります。
屋根材のひび割れのように簡単な原因もあれば、屋根の内部が腐食しているといった重大なトラブルが原因のこともあるのです。

当然、トラブルが重大になればなるほど、かかる費用も大きくなります。

雨漏りの修理業者を価格だけで判断すると、肝心な原因が置き去りになるおそれがあります。
本当は内部が腐食して大掛かりな補修が必要なのに、表面の傷をいくら治しても雨漏りが収まることはないのです。

そのため、価格でなく本当に必要な工事を見極めてくれる業者を選ぶことが何よりも大切です。

ハウスメーカーなど大手は避ける

建物に雨漏りなどのトラブルが起きると、建物を建てたハウスメーカーなどに連絡しがちです。
もちろん相談には乗ってくれるでしょうが、ハウスメーカーは雨漏り修理業者ではないので、修理を依頼することはオススメできません。

ハウスメーカーに雨漏り修理を依頼しても、実際に修理を行うのは下請け業者です。
そのため、大手だからと言って確実な修理が期待できるというわけではまったくありません。
むしろ、ハウスメーカーが中間マージンを取るので、修理費用が高くなるだけです。

また、施行業者がずさんな工事を行なったとしても、ハウスメーカーが責任逃れをすることも考えられます。
そうなると責任の所在が曖昧になり、雨漏りを直すどころではなくなります。
不要なトラブルに巻き込まれないためにも、ハウスメーカーに雨漏り修理をお願いするのは避けたほうが無難です。

ただし、家を建てた直後の雨漏りは施行不良の可能性が非常に高いです。
この場合は補償してもらう必要があるので、ハウスメーカーに連絡したので問題ないでしょう。

しっかりと調査を行う業者を選ぶ

雨漏りの修理業者の中には、ろくに調査もせず塗装や葺き替えを進めてくる業者もあります。
このような業者は、高額な葺き替え工事の契約が取りたいだけなので、絶対に契約してはいけません。

雨漏りは、原因を特定しないことには確実に修理することは不可能です。
そのため、まずは原因の調査に力を入れる業者を選ぶことが重要となります。

調査する業者と施行する業者を分けない

少しでも費用を節約するため、調査業者と施行業者を分けようとする方がいます。
しかし、調査を行った業者と施行を行う業者が違えば、情報を共有できずに雨漏りの修理に不具合が出るおそれがあります。

調査を行った業者からすれば、原因を特定してお客様に伝えるまでが仕事になります。
別の業者に施行を依頼するからと言って、わざわざ原因を細かく引き継いでくれることはないのです。
そのため、せっかくの調査が無意味なものになることも考えられます。

せっかく突き止めた原因を修理に100%活かすためには、調査する業者と施工業者を同じにすることを前提で依頼する方が無難でしょう。

訪問販売には注意が必要

雨漏り修理は外壁塗装などと同じく、悪徳業者が多い業界です。
悪徳な業者が多いからこそ、業者の選定には細心の注意が必要となります。

特に注意しなければならないのは、突然家にやってくる訪問販売の業者です。
訪問販売の業者は突然家にやってきて、雨漏りしていなくても「屋根が傷んでいてこのままだと雨漏りする」などと不安をあおり契約させようと迫ってきます。
その言葉を鵜呑みにしてしまえば、不必要な工事に大金を使ってしまうことも考えられます。

訪問販売の悪徳業者から身を守るには、相手にしないことが一番の防御策です。
無理やり屋根に登るようなこともあるようなので、警察に連絡することも視野に入れておいた方がいいでしょう。

雨漏りでお困りなら株式会社エースへご相談ください。

雨漏りの修理は、技術力の確かな優良業者に依頼することが最も重要です。
技術が未熟な業者や悪徳業者に修理を依頼しても、雨漏りを止めることは難しいといえます。
それどころか、雨漏りを悪化させることも考えられるのです。

もし、現在雨漏りにお悩みなら、私たちに一度ご連絡ください。
豊中市を中心に、府中市、大阪市、尼崎市などでお客様満足度が高い私たちなら、雨漏りの修理を確実に実施することができます。

お客様の声はこちら

完全自社職人による施行なので、工事の品質の保証もバッチリです。
どんな雨漏りでも対応いたしますので、お気軽にご相談くださいね。