サイディングを劣化させないためのメンテナンス時期や費用は?

豊中市の外壁屋根塗装と防水工事なら住まいるヒーローズ > コラム > サイディングを劣化させないためのメンテナンス時期や費用は?

目次

サイディング外壁とは?

サイディングとは板状の外壁素材の一種です。
セメント質と繊維質を主な原料とした外壁材で、壁に貼って使用します。

建物に合わせてサイディングボードを貼りつけ、シーリング材でつないでいきます。

以前は外壁と言えばモルタルが主流でしたが、火には強いものの施工時間や費用がかかるうえにひび(クラック)が入りやすいというデメリットがありました。

サイディング外壁は、火に強く施工時間もコストもかからず、軽量で耐久性も高いと多くのメリットあります。
デメリットといえば熱を吸収しやすいことと、シーリング材の劣化が目立つことです。

メリットが大きいサイディングですが、耐用年数はどれくらいでしょうか?

 

サイディング外壁の寿命は何年?

サイディングの寿命は約40年です。
ただし、これは定期的なメンテナンスを行った場合の寿命です。

窯業系(ようぎょうけい)サイディングは最も普及しているタイプで、塗料が劣化してくる7年~10年周期でメンテナンスをおすすめします。

金属の素材でできたサイディングを金属系サイディングといい、窯業系サイディングに比べるとメンテナンス周期は長く、10年~15年が目安です。
ただし、金属なのでサビなどが発生することもあります。

樹脂系サイディングは日本ではあまり普及していませんが、雨や塩害に強く色褪せもあまりありません。
メンテナンス期間も10年~20年、30年保証のものもあるなどと長いですが、施工時の費用は高額になります。

木材を主に原料とする木質系サイディングは木の質感があり断熱性にも優れていますが、湿度が高いところは苦手とします。
メンテナンス期間は8年~10年です。

どんな素材の外壁でもメンテナンスなしで長持ちさせることは難しいので、劣化してきたかな?と思たらメンテナンスをするようにしましょう。

サイディング外壁の劣化症状

サイディング外壁の劣化症状には以下のようなものが挙げられます。

シーリング材(コーキング)の剥がれ

サイディングボードの継ぎ目のシーリング材(コーキング)が劣化すると剥がれたり破断したりします。
そのままにしておくと雨漏りの原因になることもあります。

チョーキング

触るとチョークの粉のような物が手につき、白くなるような状態のことです。
塗膜の防水機能がなくなるとこのようになります。

ひび割れや反り、ずれや浮きなど

施工不良や建物が変形したことで発生します。
隙間などが空くと雨漏りの原因になることがあります。

カビやコケ、サビ

塗装がはがれて、サイディングに水が染み込むとカビやコケ、サビなどが発生します。
表面だけであれば洗浄で済みますが、時間がたつと根を張ってしまい交換しなければならないこともあります。

早めに塗装工事を行うようにしましょう。

メンテナンス方法とは?

シーリング材(コーキング)の剥がれが発生した場合には、シーリング材の打ち増しや打ち替えが必要になります。

シーリング材の耐用年数が5年~10年のため、定期的なメンテナンスをしましょう。
チョーキングやコケやサビが発生した場合、サイディングの塗り替えが必要です。

使用する塗料の種類によって耐用年数は変わってきますが、約5年~25年で防水機能がなくなってきます。
サイディングのひび割れや反りなどがある場合、一部であれば外壁を新しく重ねるカバー工法(重ね貼り)を行います。

しかし、ひび割れや反りが大きい場合は、貼ってあるサイディングを撤去し新しいものに張り替えることになります。
30年も住む予定はない、という方は塗り替えやカバー工法にするという選択肢もあります。

どちらもサイディングが新しくなるので、耐用年数は約30年~40年です。

補修方法と費用相場

  • シーリング材の打ち増し:20万~30万円
  • シーリング材の打ち替え:25万~40万円
  • サイディングの塗り替え:70万~150万円
  • サイディングの重ね貼り:150万~200万円
  • サイディングの張り替え:180万~300万円

上記の費用に関しては足場代を含んでおり、あくまで目安です。
外壁の面積や使用する塗料などで変動します。

まとめ

サイディングとは外壁素材の一種で、現在外壁素材の主流となってきています。
メリットが多く種類が豊富で、メンテナンスをすればその寿命は40年にもなります。

サイディングによってそのメンテナンス時期は異なります。
劣化の症状によって必要なメンテナンスを行いましょう。

以上が、サイディングを劣化させないためのメンテナンス時期や費用についてでした。

コラムを読んでいただいた上で、外装塗装について相談したい、外装の点検や工事を依頼したいという方は株式会社エースまでお問い合わせください。