red-img

お金がなくても費用を抑えて外壁塗装ができる5つの方法

劣化が気になり始めたから外壁塗装したいけど、お金がないからそのままでいいかなと、悩んでいませんか。本記事では、お金がなくても外壁塗装をしたい時に役立つ方法を詳しく解説します。

劣化が気になり始めたから外壁塗装したいけど、お金がないからそのままでいいかなと、悩んでいませんか。

外壁塗装の費用は決して安くはありません。

しかし、お金がないからといって劣化を放置すると、結果として修繕費や建て替えが必要となり、余計に費用がかかってしまいます。

本記事では、お金がなくても外壁塗装をしたい時に役立つ方法を詳しく解説します。

外壁の劣化が進むと塗装の料金も高くなってしまうので、お金がないからと先延ばしにせず、ここで紹介する参考にしてみてください。

外壁塗装はお金がかかる

外壁塗装をする上で一番の悩みは、お金がかかることですよね。

外壁塗装の相場は、30坪の一般的な一戸建て住宅を外壁塗装する場合、少なくとも60万円は覚悟しておかなければなりません。

外壁塗装というと、壁を塗り替えるだけと考えがちですが、塗料の値段や塗装のための足場組み立て、人件費などで、どうしても料金が高くなります。

しかし、お金がかかるからと先延ばしにしていると外壁の劣化が進んでさらに高額な塗装費用を払わなければなりません。

そのため、なるべくお金をかけずに外壁塗装をする方法を探す必要があります。

それでは、外壁塗装にかけるお金がない時にどうするべきか、具体的な方法を見ていきましょう。

外壁塗装したいけどお金がないときに役立つ方法

お金がないときでも外壁塗装をする方法はあります。

制度を上手く活用して、無理のない範囲でメンテナンスしましょう。

助成金を利用する

自治体によっては、一定の条件を満たして入れば助成金がもらえることがあります。

助成金は返済不要のため、外壁塗装にかける費用をかなり抑えることが可能です。

ただし、助成金は全額負担してくれるわけではなく、外壁塗装の費用の一部です。

各自治体によって、助成金の有無や内容、手続き方法が異なるので、お住まいの地域のホームページか「地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト」を確認してください。

ローンを利用する

手元にお金がない時でも、ローンを組めば外壁塗装をすることができます。

ローンを利用すれば、上限額が1,000~2,000万円、金利1.5~3%ほどでローンを組めます。

返済期間も10~20年で選べるので、月々の支払いを数千円に抑えることも可能でしょう。

すでに住宅ローンを立てている場合は、同じ金融機関を用いると低金利でお金を借りられることができるので、まずは金融機関に確認してみましょう。

また、住宅ローンを使用していなくても、他の銀行の有担保ローンを使えれば低い金利でお金を借りることも可能です。

外壁塗装のお金を一括で用意できない場合は、このようにローンを活用すると良いでしょう。

借金と捉えると抵抗を感じるかもしれませんが、外壁の劣化がひどくなる前に塗装をした方が結果的にコストを抑えられます。

劣化が進むと補修費がかかり、ローンの金利よりも多くの費用がかかってしまうからです。

外壁塗装で使えるローンは、主に3つです。

・住宅ローンと同じ金融機関

住宅ローンを使用している場合は、同じ金融機関を使うと、金利を優遇してもらえる可能性があります。

ただし、審査があるので必ず借りられるわけではありません。

・有担保ローン

有担保ローンは、安い金利でローンを組めるのがメリットです。

借入期間が長いので、月々の返済金額が少なくて済みます。

ただし、登記費用や手数料などの諸経費がかかるので、ローンを組む前に諸経費を含めて見積もりを出してもらって決めましょう。

・無担保ローン

無担保ローンは手続きが少なく、審査期間が短いので、すぐに借りられるのがメリットです。

ただし、有担保ローンより金利が高いので、返済総額も忘れずに確認しましょう。

塗装費を安くする

外壁塗装の料金は業者によって異なります。

少しでも安くしてくれる優良な業者を選ぶためにも、相見積もりで価格やサービス内容を比較しましょう。

ただし、値段の安さだけで決めると、手抜き工事により短期間で塗り直しが必要となり、余計に費用がかかるケースがあるので注意してください。

部分的に補修する

外壁全体を塗装するのではなく、劣化が進んでいる箇所を部分的に補修すれば費用を安く済ます事ができます。

補修する場所によりますが、1ヶ所あたり1〜10万円程度が目安です。

劣化がひどい箇所を部分補修することで、外壁を長持ちさせる効果があります。

やや割高になってしまうものの、大幅に費用削減する事ができます。

ただし、部分的に劣化しているということは、他の箇所も劣化が進んでいる可能性が高いので、全体的に劣化している場合は、おすすめできません。

まずは塗装業者に外壁の状態を点検してもらい、予算がないと伝えた上で提案してみてください。

もしプロの判断で部分補修は厳しいと言われたら、他の方法を考えた方がいいかもしれません。

火災保険を利用する

強風や大雪などの自然災害によって起きた住宅被害は、火災保険が適用されます。

ただし、自然災害の被害と認められた部分のみに適用されるので、適用される範囲が狭いと節約効果としては少ない可能性があります。

塗装業者に見積もりを依頼する時は、合わせて火災保険が適用されるか調べてもらうとよいでしょう。

外壁塗装するお金がないときにやりがちなNG行動

お金がないからといって、無理に費用を抑えようとしてはいけません。
外壁塗装で後悔しないためにも、やってはいけないNG行動を確認しておきましょう。

グレードの低い塗料を使う

価格が安い塗料は、その分性能も低いので、結果的に余計に費用がかかることなります。

そのため、価格の安さだけで塗料を選んではいけません。

安い塗料は耐用年数が短いため塗装回数が増え、長い目で見ると合計費用が大幅に高くなってしまいます。

外壁塗装を自分でする

自分で外壁塗装すると費用を安く抑えられますが、おすすめしません。

なぜなら素人が外壁塗装する場合、足場を組めないので事故に繋がる可能性があります。

また、自分で塗装すると塗りムラができて見た目が悪くなり、塗料の性能が十分に発揮できません。

塗料の性能を十分に活かすには、塗料の知識や下処理、乾燥時間を守ることが重要です。

そのため、知識のない素人が外壁塗装すると数年で剥がれ落ち、結局業者に依頼することになり、余計に費用がかかる可能性が大きいです。

価格だけで業者を決める

相場よりも安すぎる業者には、注意しなければいけません。

格安価格の理由は、手抜き工事をしている可能性が考えられます。

また、外壁塗装は下地処理を怠ったり、通常3回塗りのところを1、2回しか塗らなかったりなどといった手抜きがしやすい工程でもあります。

低価格という理由だけで業者を決めたがために、数年で塗り直しが必要となると、余計に費用がかかってしまいます。

そのため、適正価格で工事してくれる優良な業者を探しましょう。

外壁が劣化しているのに放置する

外壁塗装にかけるお金がないからといって外壁の劣化を放置していると、劣化が進み最悪の場合、室内にまで被害が出てしまいます。

そうなると、塗装だけでは対応できなくなり、さらに塗装回数がかさみます。

塗装をするタイミングはチョーキング現象が起きた時がベストです。

これは塗装の効果が切れて、外壁に触ると白い粉がつく状態のことを言います。

チョーキングが起きる状態は、外壁の劣化が進んでいると覚えておいてください。

塗り替えを先延ばしにすると起きる5つリスク

お金がないからといって外壁塗装を先延ばしにしていると、さまざまなリスクが起こります。

結果的に外壁塗装よりも費用がかかることになるので注意しましょう。

ひび割れ

外壁が痛んだまま放置していると、初めは小さいひび割れでも、放置しているうちにどんどん大きいひび割れになってしまいます。

劣化が進むと、小さなひび割れから、雨や虫などが入り込んでしまうひび割れに発展することもあります。

さらに、ひび割れによって建物の強度が落ちると、大きな地震などが来た際に崩れてしまう危険もあります。

雨や湿気が内部に入り込む

外壁の劣化が進むと、雨や湿気がひび割れ部分から内部に入り込んでしまいます。

雨や湿気が内部に入り込むと、内部の木材が腐るためシロアリ発生のリスクが高まります。

そうなると、シロアリの駆除や劣化部分の補修で費用が余計にかかってしまいます。

そのため、少しでも外壁が痛んできたなと感じたら、メンテナンスをしなければなりません。

家の断熱性が落ちる

外壁塗装を放置してしまうと、劣化により外壁が剥がれ落ちて内部の木材が腐り、隙間ができることによって家の断熱性が落ちてしまう問題もあります。

断熱性が落ちると冷暖房の効きが悪くなり、今まで以上に光熱費が高くなってしまいます。

コンクリートの強度が落ちる

外壁がコンクリートでできている建物は、湿気によりコンクリートが中性化してしまい、強度が低下します。

もし、コンクリートの中性化が末期まで進んでいるしまうと、その部分を撤去して新しく作り直すしかなくなります。

そうなると、外壁塗装ではなくリフォームが必要になり、さらに高額な料金を支払うことになってしまいます。

家の内部が腐食する

外壁が劣化したまま放置しておくと、外壁内部の木材が腐食していき隙間が生まれてしまいます。

そして、最悪の場合外壁が崩れ落ちてしまう危険もありますので、早めのメンテナンスが必要です。

まとめ

お金がない時でも外壁塗装をする方法を紹介しました。

外壁塗装したいけどお金がないときに役立つ方法は次の通りです。

助成金を利用する
ローンを利用する
塗装費を安くする
部分的に補修する
火災保険を利用する

外壁塗装の費用は決して安いものではありませんが、お金がないからといって劣化を放置していると、結果として修繕費や建て替えが必要となり、余計に出費が増えます。

助成金制度やリフォームローン、相見積もりなどをすれば、手持ちのお金がなくても外壁塗装が可能です。

金銭面で困ったときは、参考にしてみてください。

外壁塗装をお考えの方は、住まいるヒーローズにお任せください。

ご相談やお問合せもお気軽にお待ちしております。

お問い合わせ・無料見積もりはこちらまで

お問い合わせ
無料見積もりはこちらまで

お電話でホームページを
見たとお問い合わせください

form-women
mail

メールでの相談はこちら