red-img

外壁塗装の全工程・期間を詳しく解説

外壁塗装をお考えの方で、実際にどんな工程で行うのか、どれくらい工期はかかるのかと疑問に思う方も少なくないでしょう。 実際に塗装を依頼するお客様はもちろんですが、近隣の方も同じ疑問や不安を抱いているはずです。 この記事では、外壁塗装の工程と期間を解説します。 外壁塗装の工程で気をつけたいポイントも解説していますので参考にしてみてください。

外壁塗装をお考えの方で、実際にどんな工程で行うのか、どれくらい工期はかかるのかと疑問に思う方も少なくないでしょう。

実際に塗装を依頼するお客様はもちろんですが、近隣の方も同じ疑問や不安を抱いているはずです。

この記事では、外壁塗装の工程と期間を解説します。

外壁塗装の工程で気をつけたいポイントも解説していますので参考にしてみてください。

外壁塗装の工期

外壁塗装の工期は、外壁塗装をする工程に関係しています。

どのような工程で、工程ごとにどれくらい時間がかかるかによって工期は変わってきます。

しっかりとした工程で行うと、一つの工程に1日はかかるので、全ての工程が終わるまでには10日間〜2週間がかかります。

また、外壁塗装は温度や湿度も影響するので、雨で予定より乾燥期間がかかるなどして、スケジュール通りにいかないこともあります。

ですので、10日間よりも短い工期で行う業者は疑った方がいいかもしれません。

外壁塗装は丁寧に行うと、各工程に最低でも1日はかかります。

短い期間で終わらせる業者は、どこかの工程を省いていたり、乾燥時間を守らずに塗装している可能性があります。

工程を省いたり、乾燥時間を守らないと、初期不良が起きる可能性が高くなります。

下記におおよその工程にかかる日数を記載しました。

外壁塗装業者選びを失敗しないために参考にしてみてください。

足場設置 1日
高圧洗浄 2日
下地処理 3日
養生 4日
下塗り 5日
中間検査 6日
中塗り 7日
上塗り 8日
点検 9日
足場解体・撤去 10日

外壁塗装の作業工程

一般的に外壁塗装は雨が降っている日には行わないことが多いです。

雨が上がっても、屋根や外壁が濡れている状態では塗装を行いません。

戸建ての住宅の外壁塗装では次のような工程で行い、各工程を合計すると10日間ほどで完成する予定になりますが、天候による作業の遅れも考慮した上でスケジュールを組んでもらうとよいでしょう。

着工前挨拶

外壁塗装をすることが決まったら、ご近所の方へ挨拶に行きましょう。

外壁塗装を行うと、騒音や異臭、業者の立ち入りなど、ご近所の方にも少なからず迷惑がかかります。

ご近所トラブルが起きないためにも、挨拶回りは重要になりますので必ず行いましょう。

挨拶回りの際には、タオルなどの粗品を持っていく方が多いです。

挨拶回りはトラブル回避の面でもご自身で行うのが一番良いですが、業者からもしてくれる場合もあります。

挨拶の際は、以下の内容を伝えるとよいでしょう。

・いつから始まりいつ終わるのか
・工事をする時間
・休日も工事をするのか

足場の設置

工事が始まると、最初にやってくるのが足場業者です。

足場は、職人が手の届かない高所や転落の危険がある場所など、作業に支障が出ないように設置します。

職人が安全に作業できるように、足場の設置はとても重要です。

足場の工程では、円環パイプを運び入れて、塗料の飛散を防止する養生やメッシュシートなどを取り付けます。

足場を組む時は、大きな音が出るので、工事期間の中でもとくに騒音が気になる日となります。

ご近所トラブルにならないためにも、初日の挨拶回りが重要となります。

なお、自社で足場を組む場合は、「足場の組立て等作業主任者」の資格が必要になります。

この資格を持つ職人がいない外壁塗装業者は、足場の専門業者に依頼して足場を組みます。

足場を専門業者に依頼する場合は、足場の設置期間が1〜2日間増えることがあります。

高圧洗浄

塗装をする前に高圧洗浄機を使って、外壁に付いているコケやカビ、汚れなどを除去したり、塗料の劣化によりできた粉(チョーキング)を落としたりします。

汚れが残った状態で塗装すると、塗料が短期間で剥がれる原因になりますので、丁寧な洗浄が塗装の持ちに関係します。

高圧洗浄がかけられない部分は、ブラシなどを使って手作業で汚れを落としていきます。

洗浄をしながら外壁の劣化具合などの詳しい状況を確認していきます。

汚れが酷い場合や、手作業の部分が多い場合は、通常よりも期間が長くかかることがあります。

洗浄後は、乾燥する時間も設けなければいけないので丸一日はかかります。

高圧洗浄で落としきれない汚れはバイオ洗浄を検討

藻・カビ・コケなどがある場合、高圧洗浄だけでは根こそぎ落としきるのが難しいことがあります。

その場合、バイオ洗浄という薬剤を使用した洗浄方法があります。

バイオ洗浄は高圧洗浄よりも効果がありますが、費用も高くつくので利用はよく考えましょう。

高圧洗浄時の注意点

高圧洗浄をする前には、飛散防止のシートを足場にかけますが、急な突風などで周囲の家に汚水が飛び散る可能性もなくはありません。

ご近所の方が外に干している洗濯物に汚水がかかってしまうとトラブルになりかねないので、高圧洗浄をする日は伝えておくのをおすすめします。

下地処理

下地処理は塗装に入る前の最も重要な工程です。

見積もりに「下地処理」や「ケレン」という項目が入っているか、内容も含めてしっかり確認しておきましょう。

外壁の種類や状態によって作業内容は異なります。

下地処理で行う主な作業内容は以下のようなものになります。

・ひび割れ(クラック)の補修
・塗膜の剥離
・目地シーリングの打ち替え
・サッシ周りのコーキングの増し打ち(劣化が酷い場合は打ち替え)
・金属部分のケレン・サビ落とし

とくに大きな問題がなければ1日で終わりますが、劣化が進んでいる場合は数日かかることもあります。

養生

養生とは、塗装が付いてはいけない部分をマスキングテープやビニールシートなどで覆うことです。

玄関ドアやサッシ、給湯器、エアコンの室外機などの塗装をしない箇所を保護します。

期間としては、半日程度で終わる作業ですが、大きな家など1日以上かかることもあります。

養生をしている間は、窓や雨戸が開けられなくなることを覚えておきましょう。

下塗り

はじめに下地強化剤で下塗りを行います。

下塗りをすることで、外壁面を均一にし、その後の上塗り塗料が外壁面にしっかり密着しやすくなり耐久性が増します。

基本的には一度の塗装で済みますが、劣化状態によっては2〜3回塗装することもあります。

下塗りを疎かにすると、塗装が剥がれてしまう可能性があるため注意しましょう。

下塗りに使う塗料の種類は、シーラー・フィラー・プライマーなどがあります。

中間検査

通常下塗りの後に、中間検査が行われます。

施工管理者や職長が工程の進捗や不備がないかを確認していきます。

下塗りがしっかりと施工されていないと、その後の中塗りや上塗りの塗料が外壁面に密着しないので、下塗り後のタイミングの中間検査は大切です。

中塗り

下塗りが完全に乾いたら、中塗りと上塗りで2回に分けて塗装していきます。

2回に分けて塗る理由は「膜厚」と呼ばれる塗膜の厚みを出すためです。

塗料にはそれぞれのメーカーが定めた膜厚が存在し、その膜厚を守らないと塗料本来の力が発揮されないのです。

一度に塗ってしまうと表面は乾いているけれど中は固まっていないという初期不良を起こしかねないため、一度目の塗装をしっかり乾かしてから二度目を塗る必要があります。

上塗り

中塗りの塗料がしっかり乾燥したら、最後に上塗りをします。

中塗りと上塗りは同じ塗料を重ねます。

中には、1日のうちに中塗りと上塗りを行う業者もあるようですが、完全に乾ききっていない塗料の上に重ね塗りをしても、塗料本来の力が発揮できません。

中塗りと上塗りを同じ日に行う日程を提示する業者には気をつけてください。

点検

一連の作業が終わったら、塗り残しや塗りムラがないか点検を行います。

その後、お客様に確認のうえ、必要に応じて手直しをします。

足場解体後は手直しが困難になるので、不具合や気になる点があれば、その場で指摘しましょう。

足場解体

足場の解体をし、養生や産業廃棄物の撤去と清掃をしたら引き渡しとなります。

足場の解体では、綺麗に仕上げた塗装を傷つけないように丁寧に作業します。

完工挨拶

引き渡しが終わったら、近隣の方に無事工事が終わったことを伝えましょう。

工事期間中に確認すべきこと

外壁塗装の工事期間中に注意するポイントを紹介します。

これらのことを確認しておくことで、失敗のない外壁塗装ができるでしょう。

作業中に見に行く

塗装業者が作業している時間に見に行くことで、不正の抑止力となり失敗を未然に防ぐことができます。

工程通りに進んでいるか塗装業者に聞く

営業担当と塗装職人との連携が不十分で作業ミスが起きることがないよう、塗装職人に何の作業をしているのか確認しましょう。

実際の作業と工程表にズレがあった場合は、すぐに塗装業者に連絡してください。

明るい時間帯にチェックする

外壁や屋根がよく見える朝や昼間の明るい時間に確認しましょう。

カメラで写真を撮っておくのも有効な手段です。

まとめ

外壁塗装は正しい工程で行わなければ、塗料の効果が発揮できません。

外壁塗装を失敗しないためには、正しい工程と工期で施工してくれる優良業者を選ぶことが大切です。

外壁塗装をお考えの方は、住まいるヒーローズにお任せください。

ご相談やお問合せもお気軽にお待ちしております。

お問い合わせ・無料見積もりはこちらまで

お問い合わせ
無料見積もりはこちらまで

お電話でホームページを
見たとお問い合わせください

form-women
mail

メールでの相談はこちら