red-img

外壁をクリア塗装するメリット・デメリット、クリア塗装できない外壁とは?

外壁の色や柄をそのまま残すことができるクリア塗装。 しかし、どんな外壁でもクリア塗装が向いているわけではありません。 そこで今回は、クリア塗装の特徴やメリット・デメリット、クリア塗装ができないケースを紹介します。

外壁の色や柄をそのまま残すことができるクリア塗装。

せっかく選んだ外壁のデザインを塗り替えで塗りつぶしたくないからと、クリア塗装を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、どんな外壁でもクリア塗装が向いているわけではありません。

そこで今回は、クリア塗装の特徴やメリット・デメリット、クリア塗装ができないケースを紹介します。

クリア塗装とは?

外壁塗装に使用される透明な塗料のことを、クリア塗料と言います。

もしくは、クリア塗料、クリアー塗料などと呼ばれることもあります。

クリア塗料を使った素地(下地)が透けて見える塗装のことを、クリア塗装と呼びます。

クリア塗装は、外壁の素材の色や木目を生かしながら、保護や艶出し、手触りを良くするなどの目的で使用されます。

クリア塗装のメリット

外壁のデザインを残しつつ表面を保護できるという点以外にもクリア塗装にはさまざまなメリットがあります。

ここでは、クリア塗料で外壁塗装をするメリットを紹介します。

外壁の色や柄をそのまま残せる

クリア塗料は、塗料の色が透明であるため、塗装をしても外壁の色や柄などを塗りつぶしてしまうことがなく、そのまま残すことができます。

外壁の印象をそのままに塗り替えすることができるのは、クリア塗料の最大のメリットでしょう。

外壁を長持ちさせる

外壁塗装には、外壁材の耐久性を高めたり、劣化を起きにくくし、外壁を長持ちさせる役割があります。

外壁を長持ちさせる効果は、色つきの塗料だけでなく、クリア塗料で外壁塗装をした場合にも得られます。

同じクリア塗料でも、種類によって機能性に違いがあるので、住宅環境に合わせて選びましょう。

外壁に艶を出すことができる

クリア塗料で外壁塗装を施した外壁には、美しい艶や光沢が生まれます。

艶は程度は塗料によって異なるので、お好みの光沢の度合いで選ぶことも可能です。

逆に、艶がまったくない艶消し塗料もあります。

また、クリア塗料の中には、防汚性の高い塗料や紫外線をカットする塗料などもあり、艶を長持ちさせる効果があります。

工期が短くなる・費用が安くなる可能性がある

色つきの塗料で外壁塗装をする場合は、下塗り→中塗り→上塗りの3回塗りの工程が必要になります。

一方、クリア塗料で外壁塗装をする場合は、下塗りの工程がなく、中塗り→上塗りの2回塗りとなります。

つまり、色つきの塗料で外壁塗装をする時と比べて、塗装回数が1回分少なく済むということです。

塗装回数が少なくなる分、色つきの塗料で外壁塗装をする場合と比べて、工期が短くなり、人件費や塗料費が抑えられる可能性があります。

ただし、工期は下地の劣化症状や天候などにも左右されるため、絶対に工期が短くなるとは言い切れません。

また、使用する塗料の種類や劣化が進行している場合は3回塗りすることもあるため、塗料費が相応にかかることもあります。

チョーキング現象が起こりにくい

チョーキングとは、塗膜表面に白い粉が発生する現象で、塗料に含まれる顔料の劣化が原因で起こります。

クリア塗料には顔料が含まれていないため、チョーキングが起こる心配がありません。

クリア塗装のデメリット

クリア塗料で外壁塗装をするデメリットを紹介します。

外壁の傷やひび割れが透けて見えてしまう

劣化症状がある外壁の上にクリア塗料で塗装すると、外壁に生じている傷やひび割れなどの劣化は透けて見えたままになってしまいます。

塗装前に傷やひび割れを補修したとしても、補修跡が透けて見えることになります。

色つきの塗料のように外壁の傷やひび割れなどを隠すことができないというのは、クリア塗料のデメリットになるでしょう。

塗装のタイミングが難しい

通常、色つきの塗料で外壁塗装をする場合は、外壁に劣化症状が出てから行います。

しかし、クリア塗料で塗装する場合は、塗装しても外壁の劣化症状を隠すことができないため、劣化症状が出る前に外壁塗装をしなければなりません。

そのため、クリア塗料で塗装したい場合は、通常よりも早めに外壁塗装をしなければならないことになります。

クリア塗装ができないケース

透明な塗料なのであれば、どのような外壁にも塗装できそうに思われるかもれませんが、クリア塗料には向き不向きがあります。

ここでは、クリア塗料が向かない外壁材や外壁の症状を紹介します。

光触媒・無機・フッ素でコーティングされたサイディング

光触媒・無機・フッ素といった特殊なコーティングを施された外壁は、クリア塗料が付着しづらく、塗膜が早々に剥がれてしまう可能性があります。

チョーキング現象が進行している外壁

チョーキング現象が起きている外壁にクリア塗装をすると、ムラになったり白ボケしたような仕上がりになってしまうことがあるためおすすめできません。

クリア塗装の費用

クリア塗料には、「アクリル樹脂のクリア塗料」や「ウレタン樹脂のクリア塗料」などといった種類があり、使う塗料の種類によって価格が異なります。

塗料 単価 (1㎡あたり)
アクリル塗料 1,000~2,000円
ウレタン塗料 1,500~2,500円
シリコン塗料 2,000~3,500円
フッ素塗料 3,000~5,000円
無機塗料 3,500~5,000円

まとめ

今の外壁のデザインを気に入ってる方や、そのままにしたい方にはクリア塗装がおすすめです。

ただし、クリア塗装は外壁の劣化が進んでしまうとできないので、早めに塗装することが大切です。

外壁塗装をお考えの方は、住まいるヒーローズにお任せください。

ご相談やお問合せもお気軽にお待ちしております。

お問い合わせ・無料見積もりはこちらまで

お問い合わせ
無料見積もりはこちらまで

お電話でホームページを
見たとお問い合わせください

form-women
mail

メールでの相談はこちら