寄棟屋根は雨漏りに弱い?メンテナンスで気をつけるポイントを紹介

豊中市の外壁屋根塗装と防水工事なら住まいるヒーローズ > コラム > 寄棟屋根は雨漏りに弱い?メンテナンスで気をつけるポイントを紹介

屋根にも様々な形状があり、住宅のデザインにおいて変化や個性を演出してくれます。

特に最近ではデザインを重視した住宅も増えているので、住宅地を歩いてみると非常に様々な屋根の形状を見ることができるでしょう。

もしかしたらあなたも、屋根の形状にまでこだわって住宅を建てたかもしれませんね。
ただ、屋根形状の違いによって、雨漏りのリスクや耐久性も異なることを忘れてはいけません。
屋根の形状を変えることは現実的ではありませんので、種類ごとの特性を理解して雨漏りなどが起こらないよう適切なメンテナンスを実施することが不可欠と言えるでしょう。

ここでは、数ある屋根形状の中から、見かける機会も多い寄棟屋根について紹介していきたいと思います。

目次

寄棟屋根とは?

寄棟屋根とは、屋根の頂上部分から4方向に屋根面が降りている形状の屋根を指します。
真上から見ると長方形になっており、距離が長い面には台形、短い面には三角形の屋根が取り付けられています。
切妻屋根と並んで一般的な屋根形状で、日本だけでなく世界中の住宅で採用されています

寄棟屋根の頂上部は、台形の屋根が合わさる部分が直線状です。
一方、頂上が直線状になっておらず、一点から4方向に屋根が下りているものは方形屋根と呼ばれます。
基本的に真上から見ると正方形になっており、寄棟屋根とは区別されています。

日本において寄棟屋根は、切妻屋根に次いで多く用いられる形状です。
そのため、自宅が寄棟屋根を採用しているという方も非常に多いと思います。

寄棟屋根の各部名称

寄棟屋根は、様々なパーツを組み合わせることで構成されています。
そして、各部位にはそれぞれちゃんと名称がつけられえいるのです。

もちろん専門的なことなので、覚えていなくても日常生活で困ることはありません。
しかし、屋根の部位ごとの名称を覚えておけば、「ちょっと屋根がずれているかも?」などと不具合に気づいたとき業者に相談しやすいでしょう。

ここからは、寄棟屋根の各部位の名称を紹介していきましょう。

大棟

大棟は、寄棟屋根の頂上にある水平な部分のことを指します。
台形の屋根の頂上が合わさり、直線状となっている部分のことですね。

大棟は、三角形の屋根であれば必ず存在する最も代表的な棟です。
接合部分であり隙間からの雨漏りリスクがあるため、棟板金という金属板により保護されています。
頂上部分で最も風雨の影響を受けやすいので、劣化による雨漏りに注意が必要な部分ということができるでしょう。

隅棟

隅棟は、隣り合う屋根面同士の接合部分のことを指します。
台形の屋根面と、三角形の屋根面が合わさる部分のことですね。
大棟から傾斜部分に下っている棟であることから、下り棟とも呼ばれます。

基本的な寄棟屋根の場合、大棟の端から2本ずつ、計4本の隅棟が形成されることになります。
こちらも屋根の接合部分で、隙間からの雨漏りリスクを軽減するため棟板金により保護されています。

軒天

屋根の先端部分で、外壁よりも外側に出ている部分のことを軒先と言います。
軒天は、軒先の裏側の天井部分のことを指します。
つまり、軒先で雨宿りなどをしている際に、上を見上げて見える部分が軒天というわけです。

屋根材と同じく、軒天も様々な素材を選択できます。
軒天と外壁の接合部も雨漏りの原因となりやすいので、あなたの自宅で採用している素材に合わせたメンテナンスを実施する必要があります。

寄棟屋根のメリット

寄棟屋根は、世界各国で使われている優秀な屋根です。
住宅の屋根として採用することで、以下のようなメリットを受けることができます。

雨や風に強い

寄棟屋根は、構造的に非常に風に強い形状となっています。
建物の四方全てに軒があるため、どの方向からの風も受け流すことができるのです。
そのため台風などの強風に煽られにくく、屋根の一部が飛ばされる心配がほとんどありません。

また、屋根に降る雨や雪を4方向に分散できます。
屋根面ごとの負担量が軽減されるため、雨や雪により屋根が破損するリスクも低くできるのです。

四方に屋根面を持つ寄棟屋根の構造は、非常に高い耐久性を誇ります。
住宅は長く住み続けることも重要な要素のため、寄棟屋根は非常に優れた屋根形状ということができるでしょう。

外壁を保護する能力が高い

切妻屋根などでは、軒がない面の外壁が紫外線や雨の影響を直接受けてしまいます。
紫外線や雨は外壁に施された塗装を劣化させてしまうので、軒がなく無防備な状態だと劣化が進みやすくメンテナンスの回数が増えてしまうでしょう。

一方、寄棟屋根なら全ての面の外壁に軒があります。
軒があることで、紫外線や雨が外壁にあたりにくくなるため、劣化の進行を抑えることができるのです。

四方に屋根を持つ寄棟屋根は、屋根本体だけでなく外壁の耐久性も高めてくれます
屋根だけでなく建物全体の耐久性が向上するため、長持ちする住宅を望む方には最適な屋根形状といえます。

建物の向きを選ばない

特に住宅密集地においては、建物を建てるにも制限があります。
お隣の家との関係性や土地の形状などが制約となり、住宅の向きが制限されるケースも少なくないのです。

このようなケースでも、四方に屋根のある寄棟屋根なら、見た目で苦労する心配がありません。
基本的にどの方向から見ても屋根のバランスが保たれるので、どこにどのような向きで住宅を建てても一定の外観を確保できるでしょう。

また、住宅密集地では、「斜線制限」という制限があります。
斜線制限とは、お隣の住宅の採光や通風を確保するために、建物の北側の高さに制限を設けるというものです。
屋根の四方全てに傾斜がある寄棟屋根は、斜線制限をクリアする上で非常に有利になります。

どんな住宅にも合う外観

寄棟屋根を住宅に採用することで、重厚さを演出できます。
全体的に落ち着いた雰囲気を醸し出す、安心感のある住宅に仕上げることができるでしょう。
個性的な派手さはありませんが、大人らしい雰囲気は長年住み続けるのにはピッタリです。

さらに、寄棟屋根は海外においても広く使われている屋根形状なので、洋風の住宅にも問題なく採用できます。
もちろん、日本でも昔から使われている屋根形状なので、和風の住宅にもピッタリです。
どのようなタイプの住宅でも美しくまとめてくれるので、安心して寄棟屋根を採用できますね。

寄棟屋根のデメリット

写真:寄棟屋根

次に、寄棟屋根のデメリットも紹介しておきます。
デメリットも正しく理解しておけば、大きなトラブルも未然に防ぐことができるでしょう。

比較的メンテナンスコストがかかる

寄棟屋根は、切妻屋根や片流れ屋根に比べると複雑な構造をしています。
そのため、新築やリフォーム、メンテナンスに余分な手間や材料がかかり、コストは割高になってしまうのです
また、手間がかかる分、工事に多くの日数がかかってしまいます。

一度のメンテナンスで多くの費用がかかるため、計画的に費用を捻出する必要があります。
また、突発的に雨漏りが発生してしまった場合は、ローンの利用なども視野に入れなければならないかもしれません。

ただし、耐久力が高い屋根形状のため、メンテナンスの回数は減らすことができるでしょう。
メンテナンスが少なく済めばコストカット効果も見込めるため、長期的な視点で見たコストは決して高いものではありません。

換気が悪くなりがち

寄棟屋根は、四方の軒が風の影響を抑えてくれる反面、屋根裏の換気が悪くなりがちです
屋根裏付近の外壁が露出していないため、空気の流れを効率よく作ることが困難なのです。
また、寄棟屋根の住宅は、屋根裏スペースが狭くなる傾向があります。
スペースが狭いほど空気の流れも悪くなるので、余計に換気の悪さを助長してしまうのです。

高温多湿な日本において、換気の悪さは重大な問題を引き起こすおそれがあります。
木材が湿って腐食すれば建物本体にもダメージがありますし、カビが繁殖してしまえば健康を害する可能性も考えられるでしょう。
場合によっては、シロアリが発生する可能性まであります。

しかし最近では、寄棟屋根の換気の悪さを克服するため、新たな機材や技法も開発されています。
そのような方法を採用すれば、換気の悪さによるトラブルに悩まされることはなくなるでしょう。

屋根裏スペースが狭い

寄棟屋根の住宅は、屋根裏スペースを広く取ることが難しいです。
屋根の四方が全て傾斜となる構造のため、これはどうすることもできません。
屋根裏を収納スペースとして活用する場合や、居室として活用する場合は不利な屋根形状です。

屋根裏スペースを活用する場合は、下の階とつなげることも検討しましょう。
下の階がより大きな空間となるため、使い勝手はよくなるかと思います。

太陽光パネルの設置面積が狭くなる

最近では、自宅の屋根に太陽光パネルを取り付ける方も増えてきています。
自動的に発電して電気代を節約できる上、余った電力は売ることができるということで、住宅を持つ多くの方が太陽光パネルの設置を検討しています。

寄棟屋根は4方向に屋根面が存在するため、確実に南向きにソーラーパネルを取り付けることができます
ただし、屋根面が多い分面積が小さくなるため、効率がいいとはいえません。
特に三角形の屋根面が南を向いている場合は、非常に発電効率は悪いといえます。

ただし、近年では売電価格は下降してきているため、大きなパネルを設置するメリットが小さくなってきています。
自宅で使う電気を賄うだけなら、そこまで大きな太陽光パネルは必要ないため、寄棟屋根でも問題はないといえるでしょう。

寄棟屋根で雨漏りの原因となりやすい箇所

寄棟屋根は耐久性こそ高いですが、雨漏りには比較的弱いといえます。
切妻屋根や片流れ屋根に比べると接合部分が多いため、トラブルにより隙間が生じてしまう可能性が高くなってしまうのです。

特に寄棟屋根の中で最も雨漏りの原因となりやすいのが、屋根面の合わせ部分です。
そもそも、別々の屋根材が合わさり隙間が生じる部分なので、ちょっとしたトラブルが雨漏りにつながるおそれがあります。

特に「かき合い」と呼ばれる、大棟と隅棟が合わさるY字の部分は、非常にトラブルが発生しやすい箇所です
3枚の屋根材が合わさる最も複雑な接合部のため、その分トラブルが発生しやすいのです。
そのため、寄棟屋根で雨漏りが発生した際は、まずかき合いに取り付けられた板金に浮きや割れがないかチェックしてみるといいでしょう。

雨漏りを未然に防ぐには優良業者に相談するのが一番

寄棟屋根は接合部が比較的多いため、雨漏りのリスクを潜在的に抱えています。
しかし、必ず雨漏りが発生するかというとそんなことありませんよね。
接合部は板金により保護されているため、普通の状態なら雨漏りが発生することはありません。

雨漏りが発生する最大の原因は、板金が劣化してしまうことにあります
つまり、雨漏りを未然に防ぐためには、適切なタイミングでメンテナンスを実施することが不可欠というわけです。

屋根を正しくメンテナンスするには、確かな経験と技術が必要です。
劣化の状態を正しく見極める判断力と、雨漏りの原因を突き止める経験があってこそ、適切なメンテナンスが可能となるのです。

確かな技術のある優良業者に任せていれば、雨漏りを気にする必要はないといえます。
何か気になることがあれば、お近くの優良業者に相談してみてください。

寄棟屋根の雨漏りもエースにお任せください

寄棟屋根は、耐久性の高い非常に優れた屋根形状です。
接合部からの雨漏りにさえ注意すれば、長期間トラブルなく住み続けることができるでしょう。
安心して毎日の生活を送るためには、定期的に屋根のメンテナンスも実施するようにしてください。

もし、雨漏りについて相談したいけど優良業者が分からないというのであれば、私たちエースに相談してください。
創業以来、20年以上実績と経験を積み重ねてきた私たちなら、屋根の状況に合わせて的確なアドバイスできます。
職人による直営施工なので、修繕やメンテナンスも最高の品質でご提供します。お気軽にお問い合わせくださいね。